Article delegate-notes/2 of [1-8] on the server localhost:119
  upper oldest olders older1 this newer1 newers latest
search
[Top/Up] [oldest] - [Older+chunk] - [Newer+chunk] - [newest + Check]
[Reference:<_A1@delegate-notes.ML_>]
Newsgroups: mail-lists.delegate-notes

[DeleGate-Notes] 複数のプロトコルをまとめてサービスするには (-Q1234/proto)
08 Dec 2009 08:53:25 GMT ysato@delegate.org (Yutaka Sato)
The DeleGate Project


複数のプロトコルをまとめてサービスするには
DGbeecon-09-12-08-sato

 一つの DeleGate プロセスで、複数のプロトコルのサービスをまとめ
て行なってしまいたい、ということがあります。
その理由は、設定や管理を簡単にしたいから、という場合もあると思い
ますが、Windows CE版のように、メモリが限られていて複数のプロセス
を走らせたくないという場合もあります。

以前のDeleGateでは、SERVERの指定に付属させてクライアントに関する
条件を指定したり、CRONで指定するようになっていましたが、いずれも
ちょっとばかり面倒です。そこで9.8.2(08年3月)以降のDeleGateから
は、もっと直接的に、クライアントの受け付け入口となるポートの番号
の指定 -P1234 の後に、プロトコル名を -P1234/proto のように書くこ
とで、そのポートを何のプロトコル用に使用するのかを指定できるよう
になっています。

また、-P オプションは一つしか指定することができず、複数指定した
場合には前の指定を無効にする、という働きをします。これだと、多数
のポートを指定する場合に記述が長く複雑になってしまい、また、基本
の構成に新たに、あるいは一時的にポートを追加したりする場合に不便
です。そこで、やはり9.8.2以降、-P と同様に入口ポートを指定する -Q
というオプションが導入されています。これは、-P と異なり、複数指定
することができます。

これらを使用して、例えば
 ・8080 では HTTPプロキシ
 ・1080 では SOCKSプロキシ
 ・8110 では POPプロキシ
という働きを一つで行なうdeleGateは、以下の(1)や(2)のよように構成
することができます。

  (1) delegated SERVER=http -P8080,1080/socks,8110/pop

  (2) delegated SERVER=http -Q8080 -Q1080/socks -Q8110/pop

参考: <URL:http://www.delegate.org/delegate/Manual.htm#opt_P>

                   9 9  
┌─┐┬┌──┬┐ //\^^ ( e ); {Do the more with the less -- B. Fuller}
├─┤│└─┐│ / 877m\_<   >_ <URL:http://www.delegate.org/delegate/>
┴ └┴──┘┴──────────────────────────────
佐藤豊@情報技術研究部門.産業技術総合研究所(独立行政法人)

  admin search upper oldest olders older1 this newer1 newers latest
[Top/Up] [oldest] - [Older+chunk] - [Newer+chunk] - [newest + Check]
@_@V