Article freyasx/42 of [1-110] on the server localhost:119
  upper oldest olders older1 this newer1 newers latest
search
[Top/Up] [oldest] - [Older+chunk] - [Newer+chunk] - [newest + Check]
[Reference:<_A40@freyasx.ML_>]
Newsgroups: mail-lists.freyasx

[FreyaSX] FreyaSX-0.99.9 リリース ( any2fdifの拡張)
10 Sep 2004 13:43:37 GMT ysato@delegate.org (Yutaka Sato)
The DeleGate Project


FreyaSX-0.99.9 をリリースしました。

 ・any2fdifにURLリストを入力するとダウンロードするようにした
 ・入力ファイルを処理する前に指定されたフィルタを通すようにした (-c command)
 ・ディレクトリを再帰的にスキャンするようにした (-r directory)
 ・find | any2fdif | findex idx という使い方ができるようにした
 ・any2fdif と findex でインデックス名の前の "-b" を不要にした

 ・fsearch.cgi で Author によるソートをサポート
 ・fsearch.cgi で表示文脈が無いときに死ぬことがあったのを修理
 ・UTF-8のマルチバイト→ASCII変換で死ぬことがあったのを修理 (DeleGate)

今回の版から any2fdif はDeleGateの本体に組み込まれました。DeleGateを
any2fdif として使用するには、DeleGateの実行形式に any2fdif (.exe) という
名前を(コピーまはたリンクにより)付けて起動するか、delegated -Fany2fdif
というオプションとして起動するかということになります。

インストーラー INSTALL.sh も拡張して、インストール時に FreyaSX だけでなく
HTTP サーバとしての DeleGate も同時にインストールするようにしました。
INSTALL.sh 後に

  fhttpd

とすると、ポート番号 8880 で DeleGate が起動し、http://host:8880 に
アクセスすると FreyaSX の cgi-bin が見えます。
ここにある testsx.html をクリックすれば、テスト用のデータが検索できます。
別のポートで起動したい場合には、

  fhttpd 8080

とかして下さい。$FSXHOME/etc/fhttpd.conf に設定がありますので、これを
変更して再び fhttpd とする(=再起動)こともできます。

                   D G  
┌─┐┬┌──┬┐ //\^^ ( - ); {Do the more with the less -- B. Fuller}
├─┤│└─┐│ / 877m\_<   >_ <URL:http://www.delegate.org/delegate/>
┴ └┴──┘┴──────────────────────────────
佐藤豊@情報技術研究部門.産業技術総合研究所(独立行政法人)

  admin search upper oldest olders older1 this newer1 newers latest
[Top/Up] [oldest] - [Older+chunk] - [Newer+chunk] - [newest + Check]
@_@V