モバイル対応

社長:我が社がこれから対外サービスを行うにあたってですね、モバイル端末対応というのは必須だと思うわけです。

基盤:具体的には?

社長:さしあたっては、スマホの画面サイズにページの表示をフィットさせられることと、スマホのユーザにページのURLを簡単に伝えられることですね。

基盤:調べてみます。

基盤:調べました。テスト用のページを作って試したんですが。まずパソコンのブラウザで見るとこんな感じ。

同じページをスマホで見るとこんなふうに表示されます。

社長:ぱっと見よさそうですね。中身を詳しく。

基盤:まず画面サイズですが、ググったところ、HTMLに一行おまじないのメタを貼ると良いということでした。

For starters, use this viewport tag:
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
– APAD1 May 20 ’15 at 19:56
[ HTML body not filling complete width on mobile devices ]
https://stackoverflow.com/questions/30358630

社長:それだけですか…まあ出だしの一歩だしね。この Satackoverflow のコメントは2015年のだから、もうみんなこのメタをサポートしてるかな。URLをヒトに伝えるのはやはりQRコードですか。

基盤:そうですね。世界に誇る日本生まれの技術ですし。それと、QRを産んだDENSO関連のアララがクルクルのアクセス解析サービス付きQRコードを生成してくれるので、それを貼ってみました。こんなふうにアクセス状況が見れます。↓

社長:なるほど、QR の URLをクルクルのサーバに向けてリダイレクションしてるわけか。これ、いっそページのカウンターがわりに使わせてもらえないかな …(利用規定読む気力がない)…
なるほど、わかりました。お疲れでした。

社長:話はかわるけど、レンタルサーバの運用費の削減のほうはカタが付きましたか?

基盤:そうですね、月2千円でイケそうな感じです。社長は毎月1万円を7年間払ってきましたらから、まあ最初から安い仮想マシンがあったとしたらですが、67万円ほどロスしてますね。

社長:あ、そう。(しょんぼり…)

2020-0510 SatoxITS


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です